松谷 伸吉・ちどり 黒柿立雛 大

定価  ¥88,000(税込)

¥88,000(税込)

松谷 伸吉・ちどり 黒柿立雛 大

年月と共に木肌の表情が豊かになるお雛様

島根県の山間部に生まれた松谷伸吉さんと、妻ちどりさんによる雛人形。
ロクロで形を挽き、顔や衣装を手で描いていきます。
木の肌の味わい、手触りを楽しみながら、年月をかけて深い艶と色合いが増していく作品です。
会津木綿の特製毛氈が付属します。

※天然木のため色味や模様の出方は1点1点異なります。

定価
¥88,000(税込)

販売価格
¥88,000(税込)

種類

数量

在庫 : 在庫有り

SOLD OUT

再入荷のリクエストはこちら

商品名 生産国 素材 サイズ
松谷 伸吉・ちどり 黒柿立雛 大 日本/島根県 本体:黒柿 男雛:約55×55×H120mm
女雛:約55×55×H90mm
会津木綿毛氈:約200×100mm

商品コード:827000011000

  • ※ こちらの商品は全て1点1点風合いが異なる商品です。商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。
  • 本商品は、実店舗(WISE・WISE tools)でも販売しております。システム管理上、実店舗での販売・在庫状況と本サイトの販売・在庫状況の確認に遅れが生じる場合があり、本商品をご購入後にキャンセルさせていただく場合がございます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。

– 木製品ご使用上の注意 –

  • 天然の素材を使用しているため、色、形状のばらつきや、素材自体のキズ等があります。
  • 自然素材なので、時間が経つと色、風合いが変化します。ご了承ください。
  • 素材の切れはしや、ささくれ等が出ている場合がありますので、取り扱いにご注意ください。
  • カビや悪臭を防ぐため、湿気の少ない場所で保管してください。また、時々風通しの良い日陰で乾燥させてください。

松谷伸吉、ちどり MATSUTANI Shinkichi,Chidori

  • 木地人形 / 島根県  Wooden dolls / Shimane,Japan

島根県の山間部に生まれた松谷伸吉さん。十代の頃より「こけし」に魅入られ、宮城県鳴子の工房に弟子入りして技法を学び、帰郷後「吉や」を構えました。
同じく出雲大社近くの「ANT WORKS GALLERY」のオーナーを務める妻のちどりさんは、独学で学んだ木地人形の描彩色を手掛け、伝統的なこけしと共に、ご家族で縁起を願うお雛様や干支の木地人形を作り続けています。


年月と共に木肌の表情が豊かになるお雛様 島根県の山間部に生まれた松谷伸吉さんと、妻ちどりさんによる雛人形。
ロクロで形を挽き、顔や衣装を手で描いていきます。
木の肌の味わい、手触りを楽しみながら、年月をかけて深い艶と色合いが増していく作品です。
会津木綿の特製毛氈が付属します。

手前の小サイズと、大サイズの2種がございます。
大サイズは、木の存在感を感じる仕上がりです。

広島県、島根県など、近隣の中国地方の山々から採れた天然木を使用しています。
1点1点、木の節や木目に合わせて制作するため、微妙に形が異なります。

年月とともに豊かな表情になっていく、あたたかな木のお雛様。
木という素材を生かし、シンプルながら自然の木の美しさにはっとするような作品です。
稀少な木材・黒柿のお雛様もご用意がございます。

黒柿立雛 小
椿立雛 小
椿立雛 大

島根県の山間部に生まれた松谷伸吉さん。十代の頃より「こけし」に魅了され、宮城県鳴子の工房に弟子入りして技法を学び、帰郷後「吉や」を構えました。
同じく出雲大社近くの「ANT WORKS GALLERY」のオーナーを務める妻のちどりさんは、独学で学んだ木地人形の描彩色を手掛け、伝統的なこけしと共に、ご家族で縁起を願うお雛様や干支の木地人形を作り続けています。

MATSUTANI, Shinkichi was born in the mountain area of Shimane prefecture. He was enchanted by “kokeshi” – traditional wooden limbless cylindrical dolls - in his teens and became an apprentice to a studio of making kokeshi in Naruko, Miyagi prefecture, one of the most well-known areas to manufacture kokeshi, to learn needed techniques. After that, he returned to Shimane and opened his own studio named “Kichi-ya”.
Chidori, Shinkichi’s wife and the owner of ANT WORKS GALLERY nearby famous Izumo Shrine, has been working with him as a painter of wooden dolls. She learned doll-painting techniques on her own.