河村 寿昌 Toshimasa Kawamura

木工作家 / 愛知県  Woodworking Artist / Aichi Pref.
2004年 石川県挽物轆轤技術研修所入所
2009年 朝日現代クラフトコンペ入選
2010年 愛知県安城市着物の丸杉にてもずの小箱展 東京ドームテーブルウェアフェスティバル入選 日本クラフトコンペ入選
現在岐阜市にて制作活動中


天然木の風合い豊かなオンリーワンアイテム 楽器屋さんやナイフ屋さんなどから集めた珍しい樹種の端材を使い、各々の形や色を個性として丁寧に制作しています。小箱を作って出来た端材からボールペンを、その端材から爪楊枝入れを、その端材からお菓子きりを。それでも残った端材は薪に交換してもらっています。
「世界各国で、何十年、何百年と風雨にさらされ、過酷な自然環境の中で生きてきたすばらしい木材たちを、末永く可愛がってあげてください。」 と、河村さん。1つ1つの樹に、物語を感じます。

Currently active as a woodworking artist in Gifu City.
I produce woodwork in a manner that is respectful to nature, using rare types of wood collected from musical instrument stores and cutlery shops, taking advantage of each individual shape and color as individual characteristics.
Ballpoint pens are made from wood pieces left over from the production of small boxes, toothpick cases from those pieces, and cake cutters from those pieces. If there are still pieces of wood left over even after such usage, they are handed over to other woodworking artists or used as firewood.

合法木材を使用した木の小物 世界各国で、何十年、何百年と風雨にさらされ、過酷な自然環境の中で生きてきたすばらしい木材たち。その中には、現在ではワシントン条約、国際自然保護連合、世界樹木保全樹種も含まれている希少な木材もあります。もちろん、すべては合法的に輸入した材料のみを使用し、使用している材料は、希少な木材を無駄にしないためにも、建材などに使用された材料から出た端材を中心に使用している環境にも配慮した逸品です。
単に材料のめずらしさだけということでなく、愛着をもって長くお使いいただけるようにと、インクの交換や修理の面など機能性も考慮されたスタンダードなボールペンは、ギフトにも喜ばれる逸品です。

河村さんの木工作家としてのスタートは、なんと30代の半ばからだったそう。家業のお弁当屋さんの二代目として16年間働いてきた河村さんは、34歳の時にご両親から「自分の人生は自分で考えろ」と言われたことをきっかけにものづくりの道へ。 最初はガラス工芸を試みたのですが、制作に費用がかかり過ぎたため、比較的費用が少なくてすむ木工に切り替えました。
山中温泉にある石川県挽物轆轤(ひきものろくろ)技術研修所に入り4年間学んだ後に独立。修行時代から木材の収集を始め、現在では250種の木材を取り扱っています。


Born in 1968 at Aichi Prefecture. Amongst a large number of Japanese craftsmen, his background may be one of the most unprecedented ones. You may not believe that he had not made either woodwork or any craft until he became 34 years old. He was not interested in making anything by hand even in his boyhood days. He was the second generation of a lunch vendor (“Bento-ya” in Japanese) and run his shop for 16 years. Although his bento business was well, he decided to change his career at 34 given his parents’ word “You must decide the course of your life yourself” and then he chose woodwork after twists and turns. He entered a training center in Ishikawa Prefectures and spent 4 years there. Even still on the training course, he received prizes in several competitions.
According to Mr. Kawamura, he didn’t have enough money to buy large timber so collected wood chips which are remnants at lumber mills. Although they were about to be disposed, he paid money to get them. He said, “If I get them free of charge, I couldn’t visit the same lumber mill again. By paying money, mills’ people understood that I was serious.
That’s why they called me once they found good or unusual wood.” As a result of such hunting for wood chips, he has received more than 200 kinds of wood, including ones which are now prohibited to trade. Although his woodworks are highly reputed and popular, he says “My technique is still poor. Even I can be a craftsman, why you cannot?”

小箱とぐいのみ 極薄のガラスコーティングが施され、耐水仕様になっています。
木に合わせて1点1点全て大きさも形状も異なり、コレクションしたくなるアイテムです。

木の風合いが最大限に生かされた、シンプルな加工。

大切な方への贈りものにも最適 手に馴染む木の感触が温かい、経年変化も楽しめる自分だけのボールペン。回転式タイプのボールペンは、書き心地もなめらかです。
大切な方へ・男性への贈りものにもお勧めです。

日本各地の多くのファンを魅了する河村寿昌さんの作品。
使用している木材は国産材や外国産材を合わせて200種類を超えます。 それぞれの特徴を活かしたどこか遊び心の感じられる作品ばかりです。