fbpx

a piece of forest テーブルランプ HY-101

¥88,000(税別)

a piece of forest テーブルランプ HY-101

木の温もりを感じる灯り

a piece of forest …森のひとかけらは、「隠岐の島(島根県)」の森を守り育ててきた、創業128 年の歴史を誇る池田材木店のスギを使い、出雲大社の伝統を受け継ぐ島大工を擁する島内の吉崎工務店が製作しました。
デザインは世界的に活躍するインテリアデザイナーの橋本夕紀夫さんで、「木の温もりを感じる灯り」を目指しました。

販売価格
¥88,000(税別)

数量

在庫 : 在庫有り

商品名 生産国 素材 ライト 付属品 サイズ
a piece of forest
テーブルランプ
HY-101
日本・島根県 スギ無垢材
隠岐の島産 蜜蠟ワックス
LEDラインライト/電球色2700K
消費電力/3.3W
定格光束/200lm
調光器つきコード/1800mm 約W300×D65×H300(mm)

商品コード:844000316000

– 商品についてのご注意 –

  • ○ オーダーメイドのため、商品に瑕疵のある場合を除き、返品・キャンセルはお受けできません。
  • ○ こちらの商品は、送料1,620円を頂戴しております。(札幌以外の北海道地域、沖縄、離島の方は追加料金をいただく場合がございます。)10,000円以上ご購入送料無料の特典は対象外となります。
  • ○ こちらの商品はお手元に届くまでに1週間+配送日数をいただきます。
  • ○ 付属の取扱説明書に従ってご使用ください。

デザイン / 橋本 夕紀夫 Yukio Hashimoto

  • 1962年 愛知県生まれ
  • 1986年 株式会社スーパーポテト(インテリアデザイン設計)入社
  • 1997年 有限会社 橋本夕紀夫デザインスタジオ設立
  • ナショップライティングコンテスト優秀賞、JCD優秀賞、 北米照明学会IIDA アワードオブエクセレンスなど受賞歴多数。
  • 現在、昭和女子大、愛知県立芸術大学 非常勤講師。著書に『LEDとまげわっぱ – 進化する伝統デザイン』(六耀社刊)

杉材 / 池田 明生 Akio Ikeda

  • 有限会社池田材木店 代表取締役
  • 1978年 島根県隠岐郡隠岐の島町生まれ
  • 大学卒業後隠岐の島に帰島し家業である池田材木店で山林作業中心に建築用、土木用木材販売に従事する。隠岐の木出荷共同体、隠岐の木利用拡大プロジェクトに取り組み島外への販路拡大に尽力。

照明製造 / 吉崎 英一郎 Eiichiro Yoshizaki

  • 株式会社吉崎工務店 専務取締役
  • 1978年 島根県隠岐の島生まれ。千葉工業大学工学部建築学科卒、松井建設㈱東京支店・大阪支店にて勤務
  • Profile of Koreya Izumida
  • 2012年 隠岐の島にUターン。 隠岐の島を中心に一般建築業、文化財建築物修繕事業、土木業、生コン・アスファルト合材製造販売業、食品事業を手掛ける㈱吉崎工務店に入社

木の温もりを感じる灯り a piece of forest …森のひとかけらは、「隠岐の島(島根県)」の森を守り育ててきた、創業128 年の歴史を誇る池田材木店のスギを使い、出雲大社の伝統を受け継ぐ島大工を擁する島内の吉崎工務店が製作しました。
デザインは世界的に活躍するインテリアデザイナーの橋本夕紀夫さんで、「木の温もりを感じる灯り」を目指しました。

“a piece of forest” uses ceder trees grown in Okinoshima, an island offshore of Shimane prefecture. The trees have been under control of and processed by Ikeda Zaimokuten, a local timber mill with the history of about 130 years. Another long-established local builder Yoshizaki Komuten - more than 100 years since its establishment, takes a maker role.
HASHIMOTO Yukio, an interior designer actively working both in Japan and overseas is also involved His masterpieces include The Peninsula Tokyo (in Hibiya) and Billboard Live Tokyo. For this new product he aimed to design“Lighting with the warmth of wood.”

島根県・隠岐の島について Okinoshima x WISE-WISE 島根県の北東、日本海の只中に浮かぶ隠岐の島は、8割以上が森であり、森と海の豊かな生態系が広がっています。
先人達が木を植え、育て、孫の代が木を伐るという長いサイクルを維持し、森からの養分が川をつたい海に流れ、海と森との美しい関係を守ってきました。

Okinoshima(Island of Oki), which lies in the Japan Sea northeast of the Shimane prefecture, is occupied by forest for more than 80%. Such large-scale forest and surrounding sea have made the rich ecosystem of the island.
The predecessors in the island have maintained the beautiful relationship between forest and sea. Forest nourishes sea through rivers. They planted and grew trees and their grandchildren cut them down. This long-term cycle has been succeeded from generation to generation in the island.

近年、海外から押し寄せる低価格な輸入材による影響は、ここ隠岐の島にも及び、島内林業は衰退の一途をたどり、島を覆うクロマツへの松喰い虫被害が拡大し、深刻な状態に陥っています。
そのような状況の中、2016年夏、隠岐の島の若者3人がワイス・ワイス表参道店を訪ねて来たことから、商品の開発が始まりました。「行き場の無い木々を使い、自分たちで島の未来を変えたいのだ。」と。

In recent years, however, low-price imported timber has done harm to the forestry in Japan including Okinoshima. That has led to weevil damage to black pine trees covering the island.
Under such a serious situation, in summer 2016, three young people of the island visited our office. They said, “We want to change the future using the trees which have now nowhere to go.”

T字型のHY-101は、熟練の宮大工でも苦労する最も難易度の高い接合方法「絞りあり継ぎ」が用いられ、その部分がデザインの見せどころになっています。
奥行きが65ミリもある部材を寸分違わず「あり接ぎ」で組み合わせることは稀。 見えない部分に職人の感で微妙な掘り加工が施されており、組み合わせる際に水平・垂直の部材がスムーズにスライドして、最後はぴったりと隙間なく納まります。角度がついている柔らかい杉材を欠けることなく加工することは神技の域。
Tの字の横の材、縦の材は同じ木から取られた材料で、木目一つ一つを読み正面となる顔をつくっています。
調光器付きのLEDラインライトを使用しているため、ご自分の好みに合わせて細やかな調光が可能です。
気持ちを落ち着かせてくれるような温かな光は寝室にぴったり。デスクに向かうプライベートな時間のお供にもおすすめです。

T-shaped HY-101 uses the most challenging technique of joint, a variation of dovetail joint, and it is the highest point of design and artisans’ skills.
Dovetail joint method is not usually used for jointing materials which have the depth of 65mm (2.6in). There are some special works by artisans in the hidden details to make the horizontal and vertical wooden components perfectly fit each other. That is incredible skills to seamlessly joint soft and angled cedar materials.
The two components are cut from the same wood and the front side of HY-101 gets set out depending on the pattern of the grain.
This uses dimmable LED. Its soft and warm light relax you and enrich your private time. Perfect for a bedroom or study.

無垢の木の温もりをを最大限に引き出した、洗練されたデザインは全3種類。
コの字型の a piece of forest テーブルランプ HY-201
直方体型の a piece of forest テーブルランプ HY-301

<Yukio Hashimoto>
橋本夕紀夫デザインスタジオ デザイナー。1962 年、愛知県生まれ。1986 年、スーパーポテト入社。1996 年、橋本夕紀夫デザインスタジオ設立。1997 年、有限会社 橋本夕紀夫デザインスタジオ設立。
ナショップライティングコンテスト優秀賞、JCD 優秀賞、 北米照明学会IIDA アワードオブエクセレンスなど多数の受賞歴を持つ。昭和女子大、愛知県立芸術大学 非常勤講師。

ワイス・ワイスは、日々の暮らしを豊かにしてくれる「暮らしの道具」をご提案します。
日本全国の作り手さんと一緒に、WISE・WISE toolsのオリジナル・別注アイテムを制作しています。

作り手-WISE・WISE tools オリジナル originally-designed

On top of HY101, there are two other sophisticatedly designed models: HY-201 which is U-shaped and HY-301 cuboid. All the three models make you feel the warmth of wood.

Profile of HASHIMOTO Yukio, designer of the products
Born in Aichi prefecture in 1962. After working for a design studio, he established his own studio in 1996. Received a lot of prizes in Japan and overseas. He teaches at some universities.

WISE-WISE proposes “tools for your rich life” including our own products, working together excellent artists and artisans in Japan.