breezy blue ブリージーブルー

注染 / 東京都  Chu-sen / Tokyo
アパレルブランドの企業デザイナーの傍ら、趣味の注染の浴衣地収集から染色に興味を持ちオリジナル柄のデザインを始める。
注染はじめ日本の手染色を用いた反物から日傘はじめ自らのコレクションを発表するに至る。
特に世界観をあらわす色と柄の組み合わせに注力する為、イメージ通りに図案が出来上がったときの喜びはひとしお、とのこと。


日本の伝統的な染織技法を、現代の暮らしへ “breezy blue”のブランドディレクターを務める、竹澤桂子(たけざわ けいこ)さんは、アパレルデザイナーのキャリアを活かし、「注染」や「草木染」など日本の伝統技法を用いた服飾品を、現代の暮らしに合うようにデザインして制作されています。


WISE・WISE toolsの母の日ギフト No.1 注染の扇子 浴衣や手ぬぐいなどでなじみ深い「注染」による木綿の扇子。
注染では染料が布の下側に抜けるため、布の芯まで染まり、裏表なく柄が鮮やかに仕上がります。
扇子袋とbreezy blueオリジナルンのギフトボックスも付属。やさしい注染の風合いが、涼やかな風を届けます。

This is the folding fan of the cotton by a well known "Chusen" in a yukata, a tenugui(towel). It is dyed to the core of cloth by the method of dyeing. So you could see bright designs from its back side.

注染の制作工程 手作業で柄の型を切り、染料を注ぐ為、柄の境界線が揺らいだような味のある仕上がりになります。
“breezy blue”のブランド名は水洗いした反物を天日に干している際に、反物が風にそよいでいる様子からつけてられています。

The feature of it is the finish of cutting cloth by hand work. And the same cloth is used for the lining of its pouch.

草木染のストール 昔ながらの織機を使って織った軽く柔らかい風合いのシルクコットンを、100%天然の植物の染料で一点ずつ染め上げました。
織り、染め、刺繍や組立てなど、全ての工程を日本の産地で手作業で行っています。
天然染料ならではの色の濃淡やニュアンスのあるにじみやゆらぎが繊細な持ち味の生地は、微妙な色の変化も楽しめます。

This silk cotton which is weaved on a classic loom is dyed with 100% natural dye plant.
It is made the whole process from weaving, dyeing to embroidery in Japan by hand work.
It has a unique shading of color and bleeding of the 100% natural dye plant. So the more you put it, the more enjoy its natural color change.

オリジナルギフトボックス付き 扇子や日傘と同じ図案を用いて作られている、ガーゼ地のハンドタオル。
扇子と同じ柄をセットにして、いつもお世話になっている女性への贈りものにしても素敵です。
専用の三角柱のギフトボックスは、窓から柄が除く可愛らしいデザイン。
図案は毎年新作が出るので、ぜひお楽しみに。


注染や手捺染など伝統技法を用い、染色から組み立てまですべての工程を国内の職人の手で作られています。
竹澤さんのデザインする人目を引く楽しい柄と色合わせ。
今年はどんな柄が発表されるのだろうと毎年わくわくしています。
商品発注担当 山田
並び順
  • 新着順
  • 人気順
  • 価格が高い順
  • 価格が低い順
  • おすすめ順
在庫
  • 在庫あり
  • すべて