fbpx

清井 純一 Junichi Kiyoi

ガラス作家 / 静岡県  Glass artist / Shizuoka Pref.
1996年 富山ガラス造形研究所卒
1999年 金沢卯辰山工芸工房修了
1999年 JICAよりコスタリカ共和国 ナショナル大学ガラスコース講師
2002年  金沢市牧山ガラス工房勤務
2011年 伊豆市修善寺にKJガラス工房設立
日常を豊かにしてくれる、繊細な手仕事のガラス器です。


繊細な手仕事のガラス器 「器自体が主張するのではなく、中に入れる料理や、生けた植物を引き立てるような作品制作を心掛けている」という清井さん。日常を豊かにしてくれる、繊細な手仕事のガラス器です。

1996:Graduated from Toyama City Institute of Glass Art 1999:Completed Kanazawa Utatsuyama Craft Workshop 1999: Republic of Costa Rica, National University, Instructor of Glass Course, dispatched by JICA 2002: Employed by Kanazawa Makiyama Glass Studio 2011: Established KJ Glass Studio in Shuzenji, Izu

“I always strive to create glassware that adds charm to tableware placed on it, and flowers and plants arranged in it, to enhance not the glassware but the arrangement,” says Mr. Kiyoi. Hand-made fine glassware that enriches your daily life.

WISE・WISE tools オリジナル風鈴 ガラス作家・清井純一さんの生み出す風鈴は、まるで流れる水のような佇まいで、見た目にもとても涼しげ。透明な糸を使い、ドームと短冊が宙に浮いているようなイメージにこだわりました。
また、「江戸風鈴」からヒントを得て、鳴棒をギザギザ状にすることで、棒が本体のドーム部分に少し触れただけでも音が鳴るように作られています。
ガラス部分の色はクリア、青・黄・グレーの4色から、形は九角・縦線・斜め線・ノーマルの4種類とからお選びいただけます。

シンプルな形で、どんな食卓にも馴染む「焼酎グラス」。
シンプルな形だからこそ、手作りの温もりが引き立つグラスです。

5色の深みのある色展開 九角形の底面からすっと伸びるフォルムがきれいな花器は、清井さん定番の「一輪挿し」と、WISE・WISE tools別注で制作頂いている「しぶ花器」。
深みのある色がインテリアに馴染む、「しぶい」色合いが魅力です。

「しぶ花器」は型の大きさが作れるギリギリのサイズの為、ガラスの表面に揺らいだ水面のような表情が出ます。
カラフルで涼しげな花器はテーブルに置くだけでも素敵なインテリアになります。

印象的な波打つような表面の揺らぎ。厚過ぎず薄過ぎない適度なガラスの厚みのしるしです。
ガラスでありながら温かい。シンプルだけど味わい深い。
シーンやルームコーディネートを選ばずお使いいただけるお品です。
店頭スタッフ 芳賀