fbpx

会津木綿×みずとりの下駄(柄:はで縞)
– WISE・WISE tools オリジナル –

¥0(税別)

会津木綿×みずとりの下駄(柄:はで縞) – WISE・WISE tools オリジナル –

現代の暮らしに寄り添う下駄

足にぴったりと心地よくフィットし、下駄なのにお洒落でストレスなく1日中履けると、店頭でも人気の高い「みずとりの下駄」。
レトロでありながらもどこかモダンな印象の会津木綿の生地を鼻緒に使った、ワイス・ワイス トゥールス限定デザインです。

販売価格
¥0(税別)

サイズ

数量

在庫 : 在庫有り

SOLD OUT

商品名 生産国 素材 サイズ
会津木綿×みずとりの下駄
(柄:はで縞)
生地:福島県会津
木地:静岡県
生地:会津木綿
木地:マホガニー
S(22.0-22.5cm)
M(23.0-23.5cm)
L(24.0-24.5cm)

商品コード:S / 862000071000、M / 862000072000、L / 862000073000

    ■こちらの商品は全て1点1点風合が異なる商品です。商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。
    ■掲載商品の写真の色は実際の商品と多少異なります。

みずとりについて

げたを通して日本の新しい生活文化を提案する「みずとり」。
げた・サンダル・靴中底作りの職人技を凝縮させた、『はき心地の良いげた』を作っています。ひとつひとつ職人の手で丁寧に作られた下駄は履き心地抜群。

会津木綿について

会津木綿は陸奥国会津郡(福島県西部)に伝わる400年の歴史を誇る伝統産業です。会津という厳しい盆地気候の中で改良され、夏涼しく冬暖かいという素晴らしい機能性を持つ綿生地が実現。何度も使って洗濯を繰り返していくうちに柔らかい質感になり育て甲斐のある生地です。


現代の暮らしに寄り添う下駄 足にぴったりと心地よくフィットし、下駄なのにお洒落でストレスなく1日中履けると、店頭でも人気の高い「みずとりの下駄」。
レトロでありながらもどこかモダンな印象の会津木綿の生地を鼻緒に使った、ワイス・ワイス トゥールス限定デザインです。

鼻緒はクッション性が高く足にやさしく馴染み、1点1点彫った手彫りの木地は足裏に滑らかにフィット。下駄・サンダル・靴中底作りの職人技を凝縮させた、靴感覚で気軽に履いていただける履き心地抜群の下駄です。
春夏秋冬(花・雲・月・雪の結晶)をイメージした、toolsのオリジナルロゴが木地のアクセントに。

クッション材がしっかりと入った、やさしい足あたりの鼻緒。つま先部分の木地の形状も、鼻緒がつかみやすい凹凸に。
会津木綿は、夏はさらっと涼しく風通しも良いので、足元も爽やかに過ごしていただけます。

ひとつひとつ職人の手で鼻緒をすげ、足の形状に合わせて手彫りで作られる「みずとり」の下駄は履き心地抜群。
足が痛くなってしまう従来の和下駄を進化させた現代の下駄です。

足への負担がかからず、洋服にも合わせやすいので、夏のWISE・WISE tools 東京ミッドタウンの店頭で、立ち仕事のスタッフも勤務中に履いているほど。
素足に当たる風が心地よい季節、普段の生活にぜひ現代の下駄を取り入れてみてください。

- みずとりの下駄 誕生のものがたり -
“5月の浜松祭りにて、新茶を振る舞う女性たちが「鼻緒が足指に、くい込んで痛い」「足に合うサイズがない」と毎年下駄で足を痛めて困っている”という相談が、浜松に住む知り合いから下駄職人の水鳥正志さんの元へ舞い込んだそう。
そこで水鳥さんが着物と同じ柄の鼻緒のげたを10足作ってあげたら、祭りの後で「今年は茶娘さんたちが一度もげたを脱がなかった、ありがとう」と、とても感謝されたそうです。

鼻緒に使った表生地は、福島県で400年の歴史を誇る伝統工芸品”会津木綿”。
厚みがありふっくらとした質感の生地は、丈夫で、使い込むほどにやわらかく風合いを増していきます。さらっと涼しく風通しも良いので、夏の足元も爽やかも過ごしていただけます。
柄は左から滝縞・はで縞・ピン縞白の3種類。お好きな柄をお選びください。
普段の暮らしに、お出かけに、夏の装いを彩ります。

※こちらのページは、太い縞が柔らかな存在感を持った、“はで縞”の商品ページです。
>>ピン縞白の商品ページはこちら
>>滝縞の商品ページはこちら

☆サイズについて
サイズの目安は以下となります。(※足の形によって、以下に合わない場合があります。)
・S(22.0-22.5cm)
・M(23.0-23.5cm)
・L(24.0-24.5cm)

作り手>>WISE・WISE tools オリジナル