期間限定販売のお知らせ「現代に蘇る刀剣 たたら製鉄”玉鋼包丁”」

100 年の時を超え復活した希少な玉鋼を刀鍛冶が叩き鍛えて生まれる玉鋼鋼材。
現代に蘇る至高の和鉄製品「たたら製鉄・玉鋼包丁」を販売いたします。

映画「もののけ姫」にも登場した「たたら製鉄」。
山深く豊富な森林資源と良質な砂鉄に恵まれた島根県奥出雲は、約1400年前から日本古来の「たたら製鉄」が盛んでした。
大地の恵みを集め、三昼夜燃やし続けて炉に残る良質な鉧(けら)が「玉鋼(たまはがね)」とされます。
日本刀と同じ原料を用い、日本刀と同じ工程を経て生まれた“玉鋼包丁”は、まさに現代に蘇った日本刀。
“切られたことに気付かない”ほどの切れ味、日本刀の世界を体感することが出来る至高の和鉄包丁です。

現代に蘇る刀剣 たたら製鉄“玉鋼包丁” 期間限定販売のお知らせ

【販売期間】
2021年9月15日(水)- 10月31日(日)
*店頭・オンラインショップにて上記期間で販売いたします。

【営業時間】
11:00 – 19:00 ※緊急事態宣言中につき時短営業

※販売期間・営業時間は状況により変更となる場合がございます。

【販売店舗】
WISE・WISE tools 東京ミッドタウン店(東京ミッドタウン ガレリア3階)
WISE・WISE tools オンラインショップ

————————————————————

■限定販売品
WISE・WISE tools別注にて、“鐵泉 玉鋼ペティナイフ”の柄に、木工作家・富井貴志さんに模様を彫り込んでいただいた特別仕様のナイフを限定販売いたします。
エッジ部に「玉鋼」を使用したペティナイフは汎用性が高く、ご家庭でも日常使いが可能な万能包丁。
製造工程はフラッグシップモデルと同じ製法のため、切れ味は一般的なステンレス包丁とは比較にならない程の仕上がりです。
富井さんの幾何学模様デザインが加わり、手仕事の温もりと現代の美意識を備えた美しいオリジナルナイフが誕生しました。
※本品は数量限定・受注販売となります。

■鐵泉包丁について
純度の高い炭素鋼で、繰り返し叩き伸ばし、焼きをいれるほどに硬度を増す日本刀素材「玉鋼」。
玉鋼を扱い、美術刀剣を手掛ける奥出雲の小林家は江戸時代中期から大鍛冶屋として一家を成し、鍛刀の技を習得し刀工となりました。
終戦後、刀剣づくりは絶えかけていましたが、昭和27年に作刀認可を受け、再び刀工としての道を歩みました。
高品質な「玉鋼」を使用し、現代まで受け継がれた作刀技術により生み出される包丁です。

■たたら製鉄と和鉄製品について
島根県奥出雲地方は、約1400年前より地元の砂鉄と木炭を使った「たたら製鉄」による和鉄づくりが盛んでした。
一回の作業で砂鉄と木炭を各13tも投入し、三昼夜燃やし続けると約3tの「鉧(けら)」と呼ばれる塊ができます。
その中で不純物の少ない最上級の部分が、日本刀の材料に使われる「玉鋼」です。
明治以降、洋鉄技術 (鉄鉱石を原料とする現在の製鉄)が導入され、たたら製鉄は大正時代に途絶えましたが、地元で約550年続く鉄師だった田部家が2018年5月に復活操業にこぎつけました。
こうして復活した玉鋼による包丁その他の和鉄商品は、大変貴重なものです。

奥出雲前綿屋鐵泉堂(まえわたやてっせんどう)のホームページ

■オンライントークショー概要
開催日  :2021年10月9日(土) 14:00~16:00 (開場:開始の5分前)
会 場  :オンライン (*雲南市吉田町と東京をつなげます)
参加費  :無料
参加対象 :法人の方、一般の方
お申し込み:お申込みフォーム こちらよりアクセス

※お申込みいただいた方に後日、オンライン会場のURLをメールにてご案内いたします。(ZOOM利用予定)

<プログラム>
ゲストスピーカー:刀匠 小林俊司 氏、 ㈱田部 井上裕司 氏 
ファシリテータ―:㈱ワイス・ワイス 佐藤 岳利

【第1部】たたら製鉄 再興と挑戦      14:00~14:40 (40分)
【第2部】刀剣づくりについて        14:40~15:20 (40分)
【第3部】文化事業と地域振興のこれから   15:20~15:50 (30分)
【質問応答】               15:50~16:00 (10分)

お申込み・お問い合わせ先 担当:野村
メール:tools@wisewise.com
電話:03-5842-1831

最新のお知らせお知らせ一覧