企画展開催のお知らせ「枯白 KOKU 」

2009年に小さな作業場で小さな道具づくりから始まった、姫路市の家具工房 “枯白(こく)”は、日々の生活のなかで使っていくうちにより深く趣を増す、木や鉄、真鍮や革を素材に用いています。
ドリップスタンドやまな板などの小さな道具から、テーブルや椅子、棚などの家具まで幅広く手掛ける枯白。
当店では初の個展開催となります。ぜひこの機会にお立ち寄りください。

枯白 KOKU 展 開催のお知らせ

【開催期間】
2022年5月27日(金)- 6月12日(日)

【営業時間】
11:00-20:00

※開催日時は状況により変更となる場合がございます。

【場所】
WISE・WISE tools 東京ミッドタウン店(東京ミッドタウン ガレリア3階)

————————————————————

■ 枯白 KOKU
木製家具、小物 / 兵庫県  Woodwork Artist / Hyogo,Japan
2009年に小さな作業場で小さな道具づくりから始まった、姫路市の家具工房。
日々の生活のなかで使っていくうちにより深く趣を増す、木や鉄、真鍮や革を素材に用いています。
「白」は新しさや、ものごとがはじまる原点のような新鮮さを意味に持ち、「枯白」という名前には、“作品が経年の中で使う人のものとしてあじわい深く枯れ、より白い表情になれば”という想いが込められています。

“Koku” is the atelier of making furniture in Himeji city, Hyogo prefecture, established by INUI Takaaki and Naomi. It started in 2009 as a tiny workplace for making small tools.
Koku uses, as major materials, wood, iron, brass, and leather, all of which get matured with a quaint atmosphere over time. Ko (枯) denotes “mature” and Ku(白)means “white” and evokes “newness” and “freshness”.
Mr. and Mrs. INUI hope that their works will age with grace.

最新のお知らせお知らせ一覧