NEW

柿野茜 テーブルランプ 小夜 sayo

¥88,000(税込)

柿野茜 テーブルランプ 小夜 sayo

“パート・ド・ヴェール”技法でオパールガラスの美しさを引き出した、繊細な作品

置かれる場所や光の加減によって多彩な表情を見せる唯一無二の魅力を兼ね備える“オパール”と呼ばれる乳白色のガラスを用いています。「元々制約の多いガラス素材の中でも特に気難しい」というオパールガラスの美しさを引き出した繊細な作品です。

販売価格
¥88,000(税込)

数量

在庫 : 在庫僅少

商品名 生産国 素材 サイズ・容量
柿野茜 テーブルランプ 小夜 sayo 日本/石川 シェード:オパールガラス、
本体:鉄(鉄古美色仕上げ)
シェード:約Φ140×H70mm、
本体:約W250×D125×H405~620mm、
コード:約1.5M
口金E-17、1.2W 推奨

商品コード:801003226000

  • ※ こちらの商品は全て1点1点風合が異なる商品です。商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。
  • ※ 本商品は、実店舗(ワイス・ワイスtools店)でも販売しております。在庫に限りがある為、システム管理上、実店舗での販売・在庫状況と本サイトの販売・在庫状況の確認に遅れが生じる場合があり、その際、ご連絡させていただきますが、本商品をご購入後にキャンセル、または、お届け日が大幅に遅れる場合がございます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。
  •  — 安全上のご注意 -
  • ※ 交流100ボルトで必ず使用してください。
  • ※ 故障や火災の原因となるため、海外や違うボルト数での環境では絶対に使用しないでください。
  • ※ 定格電力(W数)は必ず守ってください。
  • ※ やけどの原因となることがあるため、点灯中や消灯直後は電球やその周辺に触らないようお願いいたします。
  • ※ 感電や漏電の恐れがあるため、屋外および浴室などの湿気の多い場所での使用はできません。また、この製品は防湿、防水型ではありません。
  • ※ 火災の原因となることがあるため、温度の高くなるもの(ストーブなど)を器具の真下に置かないでください。
  • ※ 製品の改造及び分解はしないでください。故障およびけがの原因となります。
  •  - お手入れについて - 
  • ※ 掃除や電球交換の際には、必ず電源を切り、少し待ってから作業を行ってください。
  • ※ 明るく安全に使用していただくため、定期的(6ヶ月に1回程度)に清掃してください。
  • ※ シンナー、ベンジン等の揮発性のもので拭いたり、殺虫剤をかけたりしないでください。破損/変色の原因になります。
  • 柿野 茜 KAKINO Akane

    • ガラス作家 / 石川県  Glassworks Artist / Ishikawa Pref.
    • 紀元前からある古い技法の1つで、作品を完成させるまでに多くの時間と手数を必要とする“パート・ド・ヴェール”技法にて作品を制作。
      置かれる場所や光の加減によって多彩な表情を見せる唯一無二の魅力を兼ね備える“オパール”と呼ばれる乳白色のガラスを用いています。「元々制約の多いガラス素材の中でも特に気難しい」というオパールガラスの美しさを引き出した繊細な作品です。


    “パート・ド・ヴェール”技法でオパールガラスの美しさを引き出した、繊細な作品 紀元前からある古い技法の1つで、作品を完成させるまでに多くの時間と手数を必要とする“パート・ド・ヴェール”技法にて作品を制作。
    置かれる場所や光の加減によって多彩な表情を見せる唯一無二の魅力を兼ね備える“オパール”と呼ばれる乳白色のガラスを用いています。「元々制約の多いガラス素材の中でも特に気難しい」というオパールガラスの美しさを引き出した繊細な作品です。

    Akane is a glasswork artist who uses the technique named “Pâte de verre (paste of glass))”: one of the oldest glasswork techniques back to BC. It is a kiln-casting method, and the general premise is to mix frit granules with binder such as gum arabic, then apply the glass to the inner surface of a negative mold. Another feature of her works is that she uses opalescent glass, which shows multifaceted appearances depending on where it is and how it is lit. Akane’s sensitive works rest on her proficiency at bringing out the beauty of this “tricky” glass; any kind of glass is tricky but opalescent one may be the most so.

    ほんのりピンクがかった、ランプシェード。

    柔らかい茜色の明かりが、柿野さんのシェードを通して優しくあたりを照らします。

    脚にはネジが付いており、ランプの高さを調節いただけます。

    まるでアンティークのような色味と質感の脚。柿野さんのシェードの雰囲気にぴったりな風合いです。