fbpx
SOLDOUT

おじろ角物店 豆腐かご 小

¥12,000(税別)

おじろ角物店 豆腐かご 小

古き良き暮らしの道具を現代に

特殊技法を用いて竹で四角い箱を作る角物師の技術を受け継ぐ職人は、日本でも数えるほどになりました。
その中でも大分県の寒竹家の流れを受け継いだ小代正さん。
昔からずっと変わらず暮らしの中にあったベーシックなものたちを作り続けています。

販売価格
¥12,000(税別)

在庫 : 入荷待ち

SOLD OUT

商品名 生産国 素材 サイズ
おじろ角物店 豆腐かご 小 日本/大分 約210×155×H155mm

商品コード:817000014000

– 日々のお手入れ –

  • 天然の素材を使用しているため、色、形状のばらつきや、素材自体のキズ等があります。
  • 自然素材なので、時間が経つと色、風合いが変化します。ご了承ください。
  • 素材の切れはしや、ささくれ等が出ている場合がありますので、取り扱いにご注意ください。
  • 食器やカトラリーのご使用後は、長く水に浸さず、さっと洗浄し風通しの良いところで陰干ししてください。
  • カビや悪臭を防ぐため、湿気の少ない場所で保管してください。また、時々風通しの良い日陰で乾燥させてください。
  • Since materials are natural, the color and shape may vary, and the raw material itself may have irregularities or flaws.
  • These natural materials will change color and texture with age.
  • Be careful of splinters when handling.
  • After use, do not immerse in water for a long time, but quickly wash and dry in airy shade.
  • Store in low humidity to prevent from rust, rot or bad odor. Occasionaly, hang out in airy shade.
  • ※ こちらの商品は全て1点1点風合が異なる商品です。商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。
  • ※ 本商品は、実店舗(ワイス・ワイスtools店)でも販売しております。在庫に限りがある為、システム管理上、実店舗での販売・在庫状況と本サイトの販売・在庫状況の確認に遅れが生じる場合があり、その際、ご連絡させていただきますが、本商品をご購入後にキャンセル、または、お届け日が大幅に遅れる場合がございます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。
  • ※包装は写真のものとは異なる場合があります。(リボン・紐の色、付属のカード等)

小代 正 Tadashi Ojiro

竹職人 / Bamboo artist
大分県 / Oita,Japan
特殊技法を用いて竹で四角い箱を作る角物師の技術を受け継ぐ職人は、日本でも数えるほどになりました。
その中でも大分県の寒竹家の流れを受け継ぎ、夫婦で弟子入り。
昔からずっと変わらず暮らしの中にあったベーシックなものたちを作り続けています。
The craftsman who inherits the technology that makes a square box from a bamboo using special technique became the slight number even in Japan.He inherited the flow of the Yamada family in Oita Prefecture, and became a pupil with his wife.He is continuing making basic things what existed without changing from ancient times.

 

古き良き暮らしの道具を現代に 特殊技法を用いて竹で四角い箱を作る角物師の技術を受け継ぐ職人は、日本でも数えるほどになりました。その中でも大分県の寒竹家の流れを受け継いだ小代正さん。
昔からずっと変わらず暮らしの中にあったベーシックなものたちを作り続けています。

The craftspeople who can make square boxes from bamboo with special techniques have almost ceased to exist even in Japan. Masashi OJIRO was apprenticed under Yuizen KANTAKE, who was called a "last master-hand at making square bamboo ware", and is now making traditoinal bamboo ware for daily use.
<Bamboo basket for tofu (Japanese bean curd)>
This was originally used for draining the water of tofu and carrying it. It can be used today for a variety of purposes such as a picnic basket, medicine case and sewing box.

元々豆腐かごはその名のとおり豆腐の水を切って持ち運ぶ為に利用されていました。
竹かごでは珍しい四角い形は、現代生活の中ではさまざまなアイディア用途で使われています。

細部まで丁寧な作りで、天然素材の竹の美しさが際立ちます。
裁縫箱や薬箱、また、ピクニック気分でおでかけの際のランチボックスなどとしても重宝します。

収納カゴとしても便利なシンプルな作りです。
大きさ・形は3種類のお取り扱いがあります。
おじろ角物店 豆腐かご 一段
おじろ角物店 豆腐かご 二段

※こちらの画像は、おじろ角物店 豆腐かご 一段、二段のものです。
お花見、ピクニックや運動会‥家族の行楽のお供に活躍します。屋外で風を感じながら、みんなで食べるごはんのおいしさ。佇まいも美しいお弁当箱は、お料理がさらに美味しく感じられます。
ぜひお気に入りの使い方を見つけてください。