fbpx

小鹿田焼 飯碗

¥0(税別)

小鹿田焼 飯碗

山里深い自然の流れにより生まれる、
昔変わらぬ素朴感を持つ器

特徴的な「飛び鉋」(とびかんな)の模様が美しい、小鹿田焼(おんたやき)のご飯茶碗です。
地元の山の土を使い、谷川の力を借り唐臼(からうす)で土をつき、登窯で焚きあげるまで、全工程を昔ながらの手作業で行われる小鹿田焼の器。
美しい飛び鉋の模様はもちろん、底部を小さくし重心を上に置いた独特のバランスも、きめが細かく割れやすいという土の特性から生まれた小鹿田焼ならではの特長です。

販売価格
¥0(税別)

サイズ

数量

在庫 : 在庫有り

SOLD OUT

再入荷のリクエストはこちら

商品名 生産国 素材 サイズ
小鹿田焼 飯碗 日本/大分 陶器 小 約φ125×58mm
大 約φ135×65mm

– はじめてお使いになる前に –

はじめにお使いになる前に、ぬるま湯に10分ほど、焼締め(釉薬のかかっていないもの)は1時間ほど水に浸してください。土を落ち着かせ、汚れの染み付きを少なくします。
久しぶりにお使いになる場合も同様です。

– 日々のお手入れ –

  • ○ 毎日お使いになる中で、器は水分を含んで少しずつ強くなります。お使いになる前に、ざっとぬるま湯にくぐらせることをお勧めします。
  • ○ ご使用後は、長時間水に浸したままにせず、薄めた中性洗剤またはぬるま湯でできるだけ早く洗い、十分に乾燥させてからおしまいください。
  • ○ 電子レンジ、食器洗浄器のご使用はお避けください。

  • ※ こちらの商品は全て1点1点風合が異なる商品です。
  • ※ 商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。

小鹿田焼 Ontayaki

大分県  Oita Pref.

大分県日田市の山里「小鹿田」は300年もの間、9軒(2019年2月までは10軒)の窯元により守り続けられてきた陶郷です。地元の山の土を使い、谷川の力を借り唐臼で土をつき、登窯で焚きあげるまで、全工程を昔ながらの手作業で行われる小鹿田焼の器。
美しいとび鉋の模様はもちろん、底部を小さくし重心を上に置いた独特のバランスも、
きめが細かく割れやすいという土の特性から生まれた小鹿田焼ならではの特長です。


小鹿田焼 飯碗Ontayaki

特徴的な「飛び鉋」(とびかんな)の模様が美しい、小鹿田焼(おんたやき)のご飯茶碗です。
大小2サイズからお選びください。

大分県日田市の山里「小鹿田」は300年もの間、10件の窯元の家族により守り続けられてきた陶郷です。地元の山の土を使い、谷川の力を借り唐臼(からうす)で土をつき、登窯で焚きあげるまで、全工程を昔ながらの手作業で行われる小鹿田焼の器。

美しい飛び鉋の模様はもちろん、底部を小さくし重心を上に置いた独特のバランスも、きめが細かく割れやすいという土の特性から生まれた小鹿田焼ならではの特長です。

「ぎぎぃ~ごっとん」という唐臼の音が響く山里は、地元の人たちから親しみを込めて「皿山」と呼ばれています。

小鹿田の伝統技法「飛び鉋」の模様が美しく浮かびます。
 
全工程が手作業、伝統を守る小鹿田焼(おんたやき)
飛び鉋(とびかんな)と呼ばれる、刃物や刷毛目などの道具を用いて刻まれた幾何学的紋様は単純でありながらシンプルで美しく、現代の生活にも溶け込みどれも人気の商品です。
 
和食だけでなく、洋食にも合う毎日使いたい器

歴史ある小鹿田焼きですが、古臭さは感じられず、むしろモダンという言葉がぴったり。
アースカラーの器は和食器だけでなく、洋食器とも相性良くコーディネートも楽しめます。