沖田 奈央 ボウル

¥35,200(税込)

沖田 奈央 ボウル

繊細な色使いにより 1枚の絵画のような美しさを表現

“朝の日差しの白・湖畔に降る雨・庭の木々の移ろい”など、四季の景色や心の彩りを“ガラスの重なりや奥行き” に落とし込み表現される沖田さん。

窯で硝子を焼き溶かす「キルンワーク」技法を用いて制作される作品は、繊細な色使いが特徴で、まるで1 枚の絵画のように、思わず惹き込まれる美しさをたたえています。

定価
¥35,200(税込)

販売価格
¥35,200(税込)

在庫あり

・D

・F

・H

種類

数量

在庫 : 完売

SOLD OUT

再入荷のリクエストはこちら

商品名 沖田 奈央 平皿 / OKITA Nao Bowls
生産地 日本・東京 / Tokyo, Japan
素材 ガラス / glass
サイズ A W115×D118×H70mm
D W118×D115×H75mm
E W117×D115×H70mm
F W115×D115×H72mm
G W117×D115×H72mm
H W115×D117×H75mm
J W118×D115×H74mm

商品コード:895000002900

– 日々のお手入れ –

  • 洗浄時は、中性洗剤などを使用してください。その際ガラスを傷つけるおそれのある研磨剤入りのスポンジ、金属たわし、クレンザーなどのご使用はお避けください。
  • ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割れる事があります。ガラスが熱いうちに冷たいものを入れたり、ぬれた所に置かないで下さい。
  • 電子レンジ、食器洗浄器のご使用はお避けください。
  • Use mild detergents to wash. Avoid using any coarse sponges, metal scrubbers, abrasive cleansers or similar items, which will scratch the glass.
  • Glass may be broken any rapid temperature change, for certain especially quick cooling. Do not pour in anything cold, or do not place on a wet spot while the glass is hot.
  • Not safe for microwave oven or dishwasher use.
  • ※ こちらの商品は全て1点1点風合いが異なる商品です。商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。

沖田 奈央 OKITA Nao

  • ガラス作家 / 東京都  Glass artist / Tokyo

“朝の日差しの白・湖畔に降る雨・庭の木々の移ろい”など、四季の景色や心の彩りを“ガラスの重なりや奥行き” に落とし込み表現される沖田さん。
窯で硝子を焼き溶かす「キルンワーク」技法を用いて制作される作品は、繊細な色使いが特徴で、まるで1 枚の絵画のように、思わず惹き込まれる美しさをたたえています。

 

繊細な色使いにより 1枚の絵画のような美しさを表現
“朝の日差しの白・湖畔に降る雨・庭の木々の移ろい”など、四季の景色や心の彩りを“ガラスの重なりや奥行き” に落とし込み表現される沖田さん。 窯で硝子を焼き溶かす「キルンワーク」技法を用いて制作される作品は、繊細な色使いが特徴で、まるで1 枚の絵画のように、思わず惹き込まれる美しさをたたえています。
Nao’s style to put pieces of scenery, like ‘white morning sunlight, rain falling on the lakeside, and seasonal changes of garden trees’, and color image rising in her mind, into the ‘layers and depth’ of her glass works. They are made with the kiln work technique, by which glass is fired and melted in a kiln, characterized by delicate coloring, like a painting. You must be enchanted with overwhelming beauty.
キルンワークとは、電気窯(=キルン)を使い、ガラスを溶かしたり変形させたりしながら、形を整え、顔料を焼き付けて製作するガラスアートのこと。柔らかな色合いのガラスが重なり生まれた模様はすべて1点ものです。
器や花器の他、アクセサリーやオブジェのようなアート作品も手掛ける沖田さん。独創的なデザイン・色使いは沖田さんならでは。
小さな気泡を含んだその表情は、まるで穏やかな川の水面のような印象です。
模様だけでなく、かたちも少しずつ異なるので、ついつい集めたくなる、手仕事ならではの作品です。