作り手

炭谷三郎商店 箸置 吉祥紋様

¥0(税別)

炭谷三郎商店 箸置 吉祥紋様

吉祥文様の箸置

「吉祥文様」とは、縁起がいいとされる動植物や図形を用いた図柄のこと。
手仕上げによる上品な光沢が美しい、錫製箸置です。

販売価格
¥0(税別)

数量

在庫 : 在庫有り

SOLD OUT

商品名 生産国 素材 サイズ
博鳳堂 炭谷三郎商店 箸置 吉祥紋様 日本 錫(スズ) 箱:約33×5mm

商品コード: 734000106000

  • 使用後は水又はぬるま湯ですすぎ、汚れのひどい場合は中性洗剤で洗って下さい。
  • 錫は柔らかい金属ですのでタワシや研磨剤の入ったものはお使いにならないで下さい。
  • 水滴を残すとシミになる恐れがあります。充分お拭き取り下さい。
  • 酸性のもの(お酢やなど)が付着すると変色する場合がございます。
  • 溶解温度(約230℃)が低いため直火でのご使用はお避け下さい。
  • 電子レンジ・食洗器の使用、冷凍庫での保管もお避け下さい。
  • Rinse tinware with water or lukewarm water after use, and wash with a neutral detergent when particularly dirty.
  • Do not use a scrubbing brush or an abrasive detergent, as tin is a soft metal.
  • Residual water drops may cause stains on the surface. Make sure to completely wipe off water drops.
  • Adhesion of acidic substances (such as vinegar) may cause the tinware to tarnish.
  • As the melting temperature is low (about 230°C), do not use tinware on open flames.
  • Refrain from using in a microwave oven or dishwasher and storing in a refrigerator.
  • ※ 本商品は、実店舗(ワイス・ワイスtools店)でも販売しております。在庫に限りがある為、システム管理上、実店舗での販売・在庫状況と本サイトの販売・在庫状況の確認に遅れが生じる場合があり、その際、ご連絡させていただきますが、本商品をご購入後にキャンセル、または、お届け日が大幅に遅れる場合がございます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。

博鳳堂 炭谷三郎商店 吉祥文様の箸置
「吉祥文様」とは、縁起がいいとされる動植物や図形を用いた図柄のこと。
現在では特に中国文化圏を中心としたアジアに見られます。この箸置には5つの代表的な文様が使われています。

博鳳堂 炭谷三郎商店は、江戸期(慶長16年)より400年の伝統を持つ高岡銅器の鋳造・金属加工技術を生かし、さまざまな金属素材と製法により美術工芸品はもとより金属クラフトを通じて、心と暮らしを豊かにする商品を提案しています。

Hakuhodo Sumitani Saburo Shoten offers items that makes people’s hearts and life rich, through fine arts and crafts as well as metal craftworks based on various metals and manufacturing processes, taking advantage of Takaoka Copperware’s casting and metal working techniques that have been passed down for 400 years since the Edo Period (Keicho 16).

青海波(せいがいは) 発祥は古代ペルシャとされています。シルクロードを経て日本に伝わったのは聖徳太子のいた飛鳥時代(592~710年)。 大海原の穏やかな波を表し、平穏な暮らしが続くことを願う吉祥文様です。

麻の葉(あさのは) 麻は生命力が強くぐんぐんと成長することから、子供の健やかな成長を象徴するものとされていました。魔除けとして、赤ちゃんの産着に麻の葉模様をつけることもあったそうです。

七宝(しっぽう) 仏教の経典にある七つの宝物 「金」「銀」「瑠璃」「珊瑚」「瑪瑙(めのう)」「玻璃(はり~水晶のこと)」「(千年生きるとされる)シャコガイ」に由来します。これらを同径円を4分の1ずつ重ねて繋ぎ図案化したものを七宝文様といいます。無限の円形の連鎖が「円満な人生」を象徴します。

亀甲(きっこう) 亀の甲羅の形に由来します。日本では長寿吉兆の象徴「鶴亀」に結びつくため、非常に愛されている吉祥文様の一つです。

紗綾形(さやがた) 中国から輸入していた紗綾織と呼ばれる絹織物の文様として多く用いられていたことから、この名がついています。 モチーフの卍(まんじ)の起源は石器時代のインドに遡ります。 太陽が光を放つ様子とされ、日本には、中国の明(1368 - 1644年)の時代に伝わったと考えられています。 「卍」を菱形にゆがめ、文字同士を迷路のように繋いだ吉祥文様です。 絶えずに続く「不断長久(ふだんちょうきゅう)」を意味し、家の繁栄や長寿などを象徴します。

贈りものに最適です
繊細な加工技術が生み出す凹凸。表面は手仕上げによる上品な光沢が美しい、錫製の箸置。
素材の色を生かした上品な銀色は、どんな色のお箸にも合わせやすく、テーブルコーディネートに馴染みます。
スタッキングも可能なので、省スペースに収納できる優れもの。
酸化しにくく、抗菌作用のある錫製のため、お口に触れる箸を置くのにも安心です。
桐箱入りの5個セットもご用意がございます。
もてなす相手やその日の気分に合わせて、文様を選んでみませんか。それぞれの吉祥文様の意味を知れば、より使うのが楽しくなりますね。