のだ窯 泉田 之也 積層茶壺・茶盃

¥44,000(税込)

のだ窯 泉田 之也 積層茶壺・茶盃

惹きつけられる存在感

岩手県の北部、野田村で作陶される泉田之也(いずみたゆきや)さん。
定番品のすり鉢が人気の作家さんですが、ザラザラとした独特の質感の器は、泉田さんの世界観が愉しめます。

※「茶壷・土 B」につきましては現在製作中の為、画像はイメージとなり、作品は6月中旬以降の出荷となります。

定価
¥44,000(税込)

販売価格
¥44,000(税込)

在庫あり

・茶盃 ¥7,700

種類

数量

在庫 : 完売

SOLD OUT

再入荷のリクエストはこちら

商品名 生産国 素材 サイズ
のだ窯 泉田 之也 積層茶壺・茶盃 日本 陶器 茶壷・白:約W110×D65×H80mm ※持ち手・注ぎ口含む 茶壷・土A:約W115×D70×H70mm ※持ち手・注ぎ口含む 茶壷・土B:約W120×D70×H70mm ※持ち手・注ぎ口含む 茶盃:約φ55×40〜45mm

商品コード:801000426000/801000428000

    ■こちらの商品は全て1点1点風合いが異なる商品です。商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。
    ■掲載商品の写真の色は実際の商品と多少異なります。

のだ窯 / 泉田之也 Nodagama / Izumita Yukiya

  • 陶芸家 / 岩手県  Potter / Iwate Pref.
  • 地元・野田村や久慈の土を中心に、風土性豊かな暮らしの器を製作。
  • 中でも“すり鉢”は、毎朝一番にろくろを回す、のだ窯を代表する定番の器。
  • “自分が使ってみたいと思うすり鉢にしました。
  • 注ぎやすさと滑らかなすり味、簡素な色と形。そのまま食卓にお出し出来るものをイメージしています。”


惹きつけられる存在感 お隣の久慈市は江戸時代から続く「小久慈焼」の産地で、のだ窯のご主人・泉田之也さんが焼き物の修行を積んだ土地でもあります。
泉田さんは小久慈焼窯元岳芳氏に師事した後、1995年、野田村に「のだ窯」を開窯。
その後の1998年、穴窯での焼成を始め、地元の土をベースに、暮らしの器からダイナミックなオブジェの制作まで活動の幅を広げています。

※「のだ窯 泉田 之也 オンライン展示会」開催に伴う、期間限定販売となります。

Noda village, where IZUMITA Koreya (owner of Noda kiln) is located, is in the norther part of Iwate prefecture. It is blessed with nature and a nice view of the Pacific Ocean seen from the Sanriku coast.
Kuji city, the neighboring area of the village, has been known as the production of “Kokuji-yaki” and IZUMITA had training for becoming pottery.
After an apprenticeship under a Kokuji-yaki master, he opened in 1995 his own kiln “Noda-gama” in the village.
In 1998, he started firing with an anagama (hole kiln*) using local clay. His products vary from practical miscellaneous goods for daily life to dynamic objects.
まるで石や鉄のようにも見えるその表面は、泉田さんならではの独特の色味と質感が特徴。
The surface of his works, which look like stone or iron, is characterized by the hue and texture unique to Yukiya.

作り手>泉田 之也 のだ窯/IZUMITA Yukiya (owner of Noda kiln)