fbpx

Rose petals / 花びらのイヤリング- 赤珊瑚

¥0(税別)

Rose petals / 花びらのイヤリング- 赤珊瑚

呼吸するジュエリー “su Ha”

素材に宿る美しさを活かしたデザインと、日本の職人の繊細な手仕事が、ジュエリーひとつひとつに命を吹き込みました。

販売価格
¥0(税別)

種類

数量

在庫 : 在庫有り

SOLD OUT

商品名 生産国 素材 サイズ
Rose petals / 花びらのイヤリング- 赤珊瑚 日本/東京
※珊瑚は高知産
赤珊瑚/K18YG
※染色なし・コーティングなしの天然物
約φ7mm前後~φ20mm前後
※個体差が大きいため、サイズイメージは着画像をご参考ください
※両耳ペア

商品コード: 775000002000

  • こちらの商品は全て1点ものとなります。色や風合いは各モニタ環境により実物と異なる場合がございます。商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。
  • 本商品は、実店舗(ワイス・ワイスtools店)でも販売しております。 在庫に限りがある為、システム管理上、実店舗での販売・在庫状況と本サイトの販売・在庫状況の確認に遅れが生じる場合があり、その際、ご連絡させていただきますが、本商品をご購入後にキャンセル、または、お届け日が大幅に遅れる場合がございます。 お客様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。

su Ha・伊藤 陽子  Ito Yoko

  • 自然素材ジュエリー / 東京都
  • 命あるものから生まれた素材によるジュエリー「su Ha(スハー)」
  • 素材に宿る美しさを活かしたデザインと、
  • 日本の職人の繊細な手仕事が、
  • ジュエリーひとつひとつに命を吹き込みます。
 


呼吸するジュエリー 一般的な装身具に用いられる宝石などの鉱物ではなく、かつて生きていたもの、“命あるものから生まれた素材によるジュエリー”「su Ha(スハー)」。
日本各地の森や海から得た木や貝、珊瑚といった素材は、そのままでは荒削りで不揃いですが、削ったり磨いたりしているうちに、時空を超える命の美しさが現れ、息づかい(su Ha)や鼓動さえも聞こえてきます。
素材に宿る美しさを活かしたデザインと、日本の職人の繊細な手仕事が、ジュエリーひとつひとつに命を吹き込みました。

suHa jewelry is made of materials that used to be living things.
Materials, including woods, shells and coral, obtained from various places in Japan are originally rough and disorganized, but in the process of cutting, shaving and polishing them, beauty of life inside, which is beyond time and space, comes out. You can hear even breath and heartbeat. (“su Ha” is Japanese onomatopoeia of breathing.)
Collaboration of design, which takes advantage of beauty dwelled in each material, and sophisticated handmade skill of Japanese craftsmen has breathed life into each item of su Ha jewelry.

“su Ha”ブランドサイトはこちら>>

最高級の品質を誇る、高知産の赤珊瑚。
自然の形を活かした花びらのような形状のピアス・イヤリングはすべて1点もの。染色やコーティングを行っていない、深い赤色は、世界中から求められる日本の美しい天然素材です。
表面の美しいツヤ、コロンとした丸みや、ぽってりとした厚み、裏面の生き物らしい表情も生き生きと感じます。

- 花びらのような有機的な輪郭はそれぞれ、赤珊瑚の原木の姿に由来する必然の形です。
長い時間をかけて深海で成長した原木の姿は奔放で、高級宝石店などで見られる端正な丸玉を削り出すと、その周りから様々な形をしたかけらが生まれます。密度が高く美しい色艶であっても、不揃いなかけらは製品化されにくく、陽の目を見ないまま職人の引出しの中にしまわれていることも少なくありません。
ジュエリーの素材を探して日本各地を歩くなか、寝台列車と車を乗り継いで、四国南西端の珊瑚加工所を訪ねたのは三年ほど前。そこで目に留まったのが、様々な形に磨かれた赤珊瑚のかけらでした。傷や穴の部分を丁寧に削り除くことで導かれた形からは、珊瑚の命を余すことなく生かしたいという職人の愛情が伝わってきて、どんな高価な宝石珊瑚よりも満ち足りて愛おしく感じられたのです。-

どのくらい加工を施すか、本来の魅力が一番が伝わるように、、職人さんとやりとりを重ねて仕上げていきます。

- 原木から切り出したままの赤珊瑚は断面が角ばっていて、身に着けるには粗削りな気がする。けれど、形を整え過ぎてもつまらない。
どこまで原木の姿を残そうか、角を落としてトロミを引きだそうか。そんな珊瑚職人とのやりとりも、回を重ねるごとに楽しさを増していきます。決まった図面はありません。-

入荷の度、全く形や表情の異なる全て1点もののシリーズ。
東京ミッドタウン店頭でも、海外のお客様・日本のお客様に大変人気のジュエリーです。
耳にそっと乗る一粒の赤は、命あるものならではの存在感を放ちます。

今回は企画展に合わせ、特に素晴らしい自信作を揃えてくださいました! ぜひ自分だけの1点を見つけてください。
※こちらの画像はピアスの着画です。

日本各地から集められた、“呼吸する”素材たち 森や海で育まれる命あるものから生まれた素材を用いるsu Ha。
デザイナーの伊藤さんご自身が、全ての素材の産地へ直接足を運び、誰のフィルターもかかっていない原素材に触れて、ものづくりが始まります。
時間をかけて歩いた現場では、地域由来の素材と共に生きる人たちから多くの学びがあり、su Ha のものづくりの礎となっているそう。