NEW

カイトハウスまごじ 孫次凧

定価  ¥26,400(税込)

¥26,400(税込)

カイトハウスまごじ 孫次凧

鮮やかな絵付けがおめでたい、親子二代で作り出す凧

明治時代から続く凧の専門店“カイトハウスまごじ”。
初代竹内孫次さんが遊び道具として凧を作ったところ、よく揚がると評判になり、“孫次凧”と呼ばれるようになりました。
地元産の竹2種類を使用し、愛媛県産の手漉き和紙に食紅で鮮やかな原色を中心とした絵付けを施しました。
親子2人で作り出す凧は、目を奪われるおめでたいデザインが特長です。

定価
¥26,400(税込)

販売価格
¥26,400(税込)

種類

数量

在庫 : 在庫有り

SOLD OUT

再入荷のリクエストはこちら

商品名 生産地 素材 サイズ
カイトハウスまごじ 孫次凧 羽子板・うさぎ 福岡県 和紙・竹 羽子板 小:480×300mm
白うさぎ 小:480㎜×300mm
羽子板 ミニ:250×170mm
白うさぎ ミニ:240㎜×150mm

商品コード:721000002000/721000001000/801001707000/801001706000

  • ※ こちらの商品は全て1点1点風合が異なる商品です。商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。
  • ※ 本商品は、実店舗(ワイス・ワイスtools店)でも販売しております。在庫に限りがある為、システム管理上、実店舗での販売・在庫状況と本サイトの販売・在庫状況の確認に遅れが生じる場合があり、その際、ご連絡させていただきますが、本商品をご購入後にキャンセル、または、お届け日が大幅に遅れる場合がございます。お客様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。

カイトハウスまごじ Kite house Magoji

  • 凧 / 福岡県  Kite / Fukuoka Pref.
  • 明治時代から続く凧の専門店“カイトハウスまごじ”。
    初代竹内孫次さんが遊び道具として凧を作ったところ、よく揚がると評判になり、“孫次凧”と呼ばれるようになりました。
    地元産の竹2種類を使用し、愛媛県産の手漉き和紙に食紅で鮮やかな原色を中心とした絵付けを施しました。
    親子2人で作り出す凧は、目を奪われるおめでたいデザインが特長です。


鮮やかな絵付けがおめでたい、親子二代で作り出す凧 明治時代から続く凧の専門店“カイトハウスまごじ”。
初代竹内孫次さんが遊び道具として凧を作ったところ、よく揚がると評判になり、“孫次凧”と呼ばれるようになりました。
地元産の竹2種類を使用し、愛媛県産の手漉き和紙に食紅で鮮やかな原色を中心とした絵付けを施しました。
親子2人で作り出す凧は、目を奪われるおめでたいデザインが特長です。

kite specialty shop “Kite House Magoji” was established in the late Meiji period by Mr. TAKEUCHI Magoji. As the kites Magoji made was flying well, they received good publicity and were called “Magoji tako (kite in Japanese)”.
The materials are two kinds of local bamboo and hand-made washi (traditional Japanese paper) produced in Ehime Pref.
Magoji’s grandson, Yoshihiro, is now making kites and his daughter paints them. Their kites are colorful and featured with happy and eye-catching design with the motif of cicadas and other creatures.

鮮やかな意匠はこどもが舐めても安全な食紅で描かれています。
のびやかな筆跡がいきいきとした表情を作り出します。

孫次凧は、和紙・竹・綿糸と伝統的な材料で制作されています。
まわりは柔らかい女竹、心棒やばねには強度のある真竹を使用しています。
竹と竹をつなぐ結び目は多いもので60を超し、強風に耐える頑丈な作りになっています。
今は揚げるよりもインテリア用にお求めになる方が多いのですが、飾り用のミニ凧以外は実際に風を受けてよく揚がります。
冷たく澄んだ冬の空に鮮やかな凧を揚げるのも格別です。

今年も日本各地より、新年を迎えるための暮らしの道具が入荷しています。

宮城県鳴子温泉から、白木の鏡餅。
福岡県北九州市から、鮮やかな凧。
奈良県から、一刀彫の干支人形。
北海道から、紅白の磁器の器。
京都と東京から、自然素材のお飾り。

「一年を振り返り、新しい年を思う」特別な季節を彩る、おめでたいお品ものばかりです。