fbpx
NEW

髙橋 亜希子 グラタン皿 丸

¥0(税別)

髙橋 亜希子 グラタン皿 丸

細部まで手づくりの温かみに溢れた、可愛らしい器

直火でもオーブンでも使用可能なグラタン皿は、調理をしてそのまま食卓に運べる機能的な器。電子レンジも使用可能です。
火に掛けるたび徐々に表面の色つやが変化して丈夫になっていきます。
ほっこりぬくもりを感じるフォルム、持ち手やお皿のフチの表情など、細部まで手づくりの温かみに溢れた可愛らしい器です。
※商品についてのご注意をご確認ください。

販売価格
¥0(税別)

種類

数量

在庫 : 在庫有り

SOLD OUT

再入荷のリクエストはこちら

商品名 生産国 素材 サイズ
髙橋 亜希子 グラタン皿 丸 日本・神奈川県 陶器 約200×150×H45mm

商品コード:790000162000

– はじめてお使いになる前に –

はじめにお使いになる前に、ぬるま湯に10分ほど、焼締め(釉薬のかかっていないもの)は1時間ほど水に浸してください。土を落ち着かせ、汚れの染み付きを少なくします。
久しぶりにお使いになる場合も同様です。

– 日々のお手入れ –

  • ○ 毎日お使いになる中で、器は水分を含んで少しずつ強くなります。お使いになる前に、ざっとぬるま湯にくぐらせることをお勧めします。
  • ○ ご使用後は、長時間水に浸したままにせず、薄めた中性洗剤またはぬるま湯でできるだけ早く洗い、十分に乾燥させてからおしまいください。
  • ○ グラタン皿は電子レンジ、オーブンもご使用になれます。

  • ※ こちらの商品は全て1点1点風合が異なる商品です。
  • ※ 商品に在庫がある場合、商品写真と実際お届けする商品の風合いは多少異なる場合がございますので、商品の特性をご理解いただいたうえ、ご注文ください。

髙橋 亜希子 Akiko Takahashi

  • 陶芸家 / 神奈川県  Potter / Kanagawa Pref.
  • 1970年 神奈川県鎌倉市生まれ
    旅先の小さな島で拾った貝や珊瑚を眺めたり、中世の生活用具に惹かれてます。
    日々の暮らしが楽しくなったり、心豊かな時間を過ごしていただけるような器づくりを心掛けてます。


細部まで手づくりの温かみに溢れた、可愛らしい器 直火でもオーブンでも使用可能なグラタン皿は、調理をしてそのまま食卓に運べる機能的な器。電子レンジも使用可能です。
火に掛けるたび徐々に表面の色つやが変化して丈夫になっていきます。
ほっこりぬくもりを感じるフォルム、持ち手やお皿のフチの表情など、細部まで手づくりの温かみに溢れた可愛らしい器です。

Gratin (or Casserole) dishes, which are open fire use and oven and microwave-safe, are TAKAHASHI Akiko’s representative works.
The more using the plate, the tougher it will be.
The form of the dish makes you feel at ease and its details, such as the lid knob and the rim, also give you warmth.

愛らしい持ち手がアクセント。
同じ形でも、ひとつひとつ微妙な表情の違いがあり、手作りのぬくもりを感じます。

The handles give an accent to the dish.
Appearance of the handles are all slightly different due to hand-work.

熱々の出来たてをそのまま頂けるグラタン皿は、寒い季節に嬉しい器。
おもてなしの食卓にもぴったりです。

As gratin dishes work as cookware and tableware, you can enjoy sizzling foods just after cooking. Perfect for treating guests.

形違いのグラタン皿 楕円もございます。

Oval gratin dishes are available too.

"あったかおうちごはん"の楽しいひと時を 「日々の暮らしが楽しくなったり、心豊かな時間を過ごして頂けるような器づくりを心掛けてます。」という髙橋さんの作品は、大切な人たちと囲む食卓に温かな彩りを添えてくれます。
どんな料理にも合うシンプルなデザインでありながら、ディテールの可愛らしさ、料理する人に嬉しい機能性も兼ね備えた器。
細部まで気遣いにあふれた髙橋さんの手仕事に、食卓も心も温かくなります。

Akiko says, “Through making ceramic works I aim to make people’s life richer and more pleasing.” Her works always evoke feelings of comfort and affluence.
The dishes are simply designed to fit any food on one hand, but on the other hand they have the details, which make you smile, and good functionality.